アクリル絵具とアクリルガッシュ

 

 透明調の「アクリル絵具」と

 不透明調の「アクリルガッシュ」


水彩絵具と同じで、水で溶いて使用します。


〈水彩絵具との違い〉

乾くと「耐水性」になる。

「乾くスピードが速い」

紙以外に、木、布、金属、プラスチック、発泡スチロールなど、

 幅広い材質に着色することができる。

専用のメディウム(溶剤)を使って、多彩な技法ができます。

 > 1Fへ戻る1Fhua_cai.html
 Top ページへもどるTop.html
〈注意点〉
乾くと耐水性になるので、パレットや筆などは放置せず、こまめに洗うようにしてください。

〈アクリル絵具には、2つのタイプ〉


 
アクリル絵具
〈透明色が多い〉
  
アクリルガッシュ
〈不透明色〉
  

      リキテックス         アクリル・ガッシュ

  (107色・アメリカ)     (266色・ターナー/日本)

  
    


      アムステルダム        アクリラ・ガッシュ

  (80色・オランダ)     (107色・ホルベイン/日本)

  
    


      アクリリック         リキテックス・ガッシュ

  (113色・ホルベイン/日本)  (70色・アメリカ)

     
   

                 取り扱い中止・在庫のみ

 

※ 商品の在庫状況についてはお問い合わせください。

Please inquire for the stock situation of the product.