油絵を始める

 


  ① 油絵具(基本セット)


〈ホルベイン油絵具 12色・Hセット〉


長年の研究で生み出された、最もス

 
 タンダードな油絵具です。

 堅牢な塗膜と、優れた耐光性を併せ

  持つ油絵具。

 基本の12色をはじめとして、全167

  色あります。


  
 > 油絵具、もっと詳しくyou_hui_jumotto.html

 


 ② 溶き油(オイル)は「調合溶き油」が便利


 ●ペンティングオイル または  ●ルソルバン


 油絵具に混ぜて、絵具の「濃さ」や

  「ツヤ」を調節する液。

 「ペンティングオイル」「ルソルバ

  ン」は、理想的な比率で混合した「調

  合溶き油」です。

 絵具に混ぜるだけで「下描き」から

          「仕上げ」まで、幅広く使えます。

 薄めるには「テレピン」や「ペトロール」を混ぜます。


            
 > オイル、もっと詳しくoirumotto.html

 


 ③ 油絵用の筆/基本は硬毛の「ブタの毛」


 ●丸筆(ラウンド)

 ●平筆(フラット)

 ●平丸(フィルバート)


油絵具に使われる筆の代表は「ブタ毛」

 です。

油絵具は水彩絵具と異なり、独特の粘り

 があります。

そこで絵具を塗り込み、盛り上げるため

 に、弾力が強く、耐久性のある「ブタ

 毛」がよく使われます。


       
 > 油絵用の筆、もっと詳しくbimotto.html

 

油絵を描く画材は、価格も含めて、とても幅広い種類があります。

 ここでは、特に「初心者の方」にふさわしい画材をご紹介します。

                     

〈内容〉油絵具 溶き油

    油絵用の筆 ナイフ

    パレット 油ツボ

    筆洗液・筆洗器(クリーナー)

    キャンバス


 ④ ナイフは2種類/全然別物です。


 ●ペンティングナイフ




    

 文字通り「絵を描く」ナイフ。

 「塗る」「盛る」「引っかく」「取る」ときに威力を発揮

 します。

 平たい面でタッチを残さず塗ったり、エッジで線も引けま

 す。ナイフの形状は、6種類あります。


 ●パレットナイフ



 


 パレットの上で使うナイフ。

 絵具を混ぜ合わせたり、パレットの掃除をしたりします。


〈その他に〉 ●スクレパー





 乾いた油絵具の除去に使います。

 刃の面には適度なソリがあり、肉厚なので力の入れ具合を

 調節できます。

 キャンバスやパレットをキズつけません。




 
 > 後半へつづくyou_huiwo_shimeru_2.html